愛知学習センターの機関誌『しりあい』届く

放送大学愛知学習センターの機関誌「しりあい」

7月号が届きました。

学習センターのHPからもPDFファイルが閲覧できますが

現時点では、前の号(4月)が最新号でした。

 

学習センターにより機関誌の発行頻度も異なるようですが

愛知学習センターの場合は年4回で

1月、4月、7月、10月に発行されています。

 

私が放送大学に選科履修生として初めて入った

26年前も同じ「しりあい」という名前の機関誌でした。

どうして「しりあい」なのかなと…思われた方

その由来は表紙に書いてあります^^。

 

機関誌は所属センターからの大事なお知らせがあるので

届いたら早めに読むことをおすすめします。

 

個人的には、今回から学部(大学)の単位認定試験会場が

変わるというところが一番重要かなと見ていました。

3月に参加した入学者の集いで、事務局の方が

そのような雰囲気の話をされていていましたので

どこが会場になるのか気になっていました。。

 

「しりあい」に掲載されている校内地図の色が濃くなっている

建物なのか…見た目では分かりませんでした。

受験票で確認する必要がありますが

私の場合は試験時間が昼前後、真夏で大学前は急坂のため

身体的に負担のかからないルートを見つけたいと思います。

 

それから、2学期の面接授業や今後の行事も気になるところです。

面接授業は気になっている科目が仕事の都合で受講できないので残念です。

行事についてはクラス会に参加する予定ですが

その後のおしゃべりランチも気になるところです。

 

クラス会ではコース別の連絡係をさせていただくことになりましたので

社会と産業コースの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

前回、クラス会の立ち上げの時に参加された方とも

参加されなかった方とも情報交換ができるといいなと思っています。

 

機関誌『しりあい』の話からはずれてしまいましたが

たくさんの情報が書かれていますので、ぜひチェックを。

また、いろんなセンターの機関誌を読み比べても

おもしろいかもしれません。

 


| 1/1PAGES |